オークションの管理、販売促進、作業効率アップ、リピーターの確保・・・・皆様のネットビジネスをご支援いたします。 パソコン総合サービスピクティ

業務ソフト・WEBシステム作成 − オークション必勝術 − オークションソフト販売

■ オークション必勝術

ホーム > オークション必勝術 > 画像作成サンプル
 ■ ソフト一覧
 ■ オーダーフォーム
 ■ カタログサービス
 ■ ショッピング
 ■ ソフト作成
 ■ ビジネス
 ■ PCお役立ち
 ■ 求人募集
 ■ リンク

かわいいオークションの説明文が自動作成できるサービス

落札者からの住所、氏名を回答していただくフォームのサービス






 画像の製作サンプル 

背景のみ修正したもの(左)に対して、編集後(右)の画像では、コントラストを少し明るめに変更し、ブランド名を影付き文字でいれ、ネックレスや飾りもいれてイメージアップをしてみました。同じ商品ですが、ネット上では写真しか判断の材料がありませんので、見栄えをよくすることは重要なポイントとなります。少しでも入札を多くするためには多少の手間も必要になります。サンプルでは、洋服なのでネックレスなどを使用していますが、ポイントは「その商品が使用されているときのイメージ」につながることが良いと思います。
また、今回は1例で1枚のみの写真ですが、商品のポイントなる部分の拡大写真や別角度からの撮影写真なども購入者にとっては、判断材料となりますので、画像処理もできる範囲で行うほうが良いと思います。

注意◆実際とは違うブランド名や商品名は禁物です。あくまでもその商品の良さやポイントを伝えるための対応です。
悪いものを良く見せても、落札者との信頼関係を悪くするだけです。良いものをよりよく見せるための作業だということを忘れないようにしてください。

今回のサンプルには、他にも見えない部分での工夫がされていますが、それらの情報は「テーマで考える情報」でお伝えいたします。

Before 背景のみ修正 After 画像編集後
 
 

 照明について 

照明をキチンとあてて撮影するのは必要ですが、時には照明をおとして自然光のみで撮影した方が良い場合があります。
以下の例は、紺色のTシャツですが、照明を当てたもの(左)、自然光のみ(右)となります。
濃い目の商品などは、照明を当てることにより反射効果にてそのものの色がわかりにくくなる場合があります。このような場合は御部屋が多少暗めになっても照明をおとして撮影してみてください。

以下サンプルでは、少し極端な撮影となっていますが、商品の実際の色合いがうまく表現出来ない場合は、自然光のみで撮影してみることも大切です。また、商品の実際の色がうまく出せないという同様の問題で、自然光があたらない場所での撮影の場合は、照明を遠くして、商品と証明までの距離を少し遠くして撮影すると同様の効果が得られます。

照明を当てた場合

自然光のみ

ネットマネージャー5 オークションマネージャー 商いマネージャー ビジネス PCお役立ち 求人募集

パソコン総合サービス ピクティ
お問合せ
Copyright © 2005 ピクティ. All rights reserved.  最終更新日: 2007/09/26