HOME】          

Q & A メール 関連
トラブルの多くは
● データベースの参照ミス
● プログラムの参照エラー
です。まずは上記2点のご確認をしてください。
受信できないメールがある  ≪Back

◆受信拒否リストになっている

受信拒否リストに登録されているメールアドレスは、メールナビゲータの「オプション」タブ内「特別処理」で「受信拒否解除」ボックスに該当するメールアドレスを入力し「解除」ボタンを押します。拒否リストに登録されていた場合は「解除しました」とメッセージが表示され解除できます。

 

メールの送受信ができない  ≪Back  ≪ユーザー登録に戻る
◆メールの登録が正常にできているか確認してください。

@ アカウント名、メールアドレス、パスワード、POPサーバー名、SMTPサーバー名は、プロバイダからの書類を確認して記載ミスがないかご確認ください。(基本情報 ⇒ 「メールアドレス登録」で確認)

A Yahooメールの場合は、WebのYahooメールの管理ページの右上の「メールオプション」でPOPサーバーの使用が可能に設定できているかご確認ください。 詳細説明

B hotmailの場合、最近は他のメールソフトで使用する場合は、有料でPOPサーバーの使用を可能にするようになっていますので、hotmailのホームページでご確認ください。

C 基本情報の「メールアドレス登録」で、既定値にチェックが入っているかを確認してください。最低1つのメールアドレスに「既定値」をONにして「登録」ボタンを押してください。2つ規定値をつけてしまった場合は、どちらかを選択して既定値のチェックをOFFにして、登録ボタンをおして解除してください。

D 登録されているメールアドレスが「認証が必要」のメールアドレスの場合は使用できません。「認証の必要のない」メールアドレスをご使用ください。

E Cドライブ ⇒ ProgramFiles ⇒ netmaneフォルダ内に「FromMail」フォルダと「ToMail」フォルダが自動作成できていない場合は、直接空いている部分で右クリック ⇒ フォルダ を選択して「FromMail」フォルダと「ToMail」フォルダを作成してください。

また、すでにフォルダがある場合は、各フォルダを空にしてから実行してみてください。
(エラーメールやスパムメールが残って動作できない場合があるので)

F Cドライブ ⇒ ProgramFiles ⇒ netmaneフォルダ内の「bregexp.dll」と「Bsmtp.dll」ファイルをコピーし、Cドライブ ⇒ Widnows ⇒ system32フォルダ内にコピーしてみてください。(system32のフォルダが見えないない場合は、マイコンピュータまたはエクスプローラのメニューでツール ⇒ フォルダオプション ⇒ 表示 ⇒ ファイルとフォルダの表示 ⇒ すべてのファイルとフォルダを表示するをONにしてください。)Win2000の場合はCドライブ ⇒ WINNT ⇒ system32フォルダとなっていると思います。 詳細説明

G 「メールナビゲータ」フォームがかんたんメニューの上にかぶさるように画面の左端に表示されてしまっている場合は、データベースの参照が正常にできていない可能性があります。この場合は、かんたんメニュー の「DB」タブ ⇒ 「データベース管理」ボタン ⇒ 「O_オプション」タブ内の「予定情報」の「参照」が「C:\Program Files\netmane\AucMgrML.mdb(標準の場合)」になっているかご確認ください。また、データベースの場所を移動したときは、参照を移動先のデータベース「AucMgrML.mdb」を参照しなおしてください。
また、エクセル「落札情報」シートで1行目のタイトル行を選択している状態でメールナビを起動している場合は、2行目以降の行を選択した状態でメールナビを起動してください。

H ポート番号が25以外の場合は、「基本情報」 ⇒ 「メールアドレス登録」の「SMTPサーバー」を登録時に、サーバーアドレス ⇒ Tabキー ⇒ ポート番号 を登録してください。この場合入力ボックスでTabキーを反映できませんので、メモ帳などで サーバーアドレス ⇒ Tabキー ⇒ ポート番号 と入力し、コピーしてSMTPサーバーアドレス欄に貼り付けてください。

I メールナビの「自動メール作成」で、「自動表示・読込設定」ボタンを押してメール設定を変更されたことがある場合、設定が正常にできなかった項目がある可能性があります。この場合は、かんたんメニュー ⇒ 「基本情報」 ⇒ 「全般」 ⇒ 「メール関連」内の「規定値に戻す」ボタンを実行で、初期値に戻り正常になりますが、メール文などもすべてインストール時の内容に戻りますので、「自動メール作成」を最初から行う必要があります。・・・すでに受信したメールや発信したメールの情報はなくなりません、継続して表示できます。

複数処理時、目的の商品以外が表示される、又は表示されない ≪Back  ≪ユーザー登録に戻る
複数処理時、目的の商品以外が表示される、又は表示されない場合は、どの処理段階のものまでを表示させるかを変更することができます。下図@の処理範囲を目的の情報が表示される範囲に切り替えて表示範囲を変更することができます。

自動メール作成をしていたら、右にメール文が表示されなくなった。 ≪Back  ≪ユーザー登録に戻る
自動メール作成をしていて、メール文の表示ができなくなりましたら、復旧機能を利用して、最初から行ってください。

@ かんたんメニュー ⇒ 「基本情報」 ⇒ 「全般」タブ ⇒ 「規定値に戻す」で初期状態に戻ります。

A 新しいメールパターンを作成するとき

1.新しいメールパターンを追加するときは、すでにサンプルとして作成されているメールを表示
2.パターン名を変更して「登録」ボタン
3.挨拶文、本文などを変更して「登録」ボタン

の方法で作成したほうが、かんたんにできます。

口座の自動表示ができない。 ≪Back  ≪ユーザー登録に戻る
2005/7/14のプログラム更新で、送金先口座のシステムを変更しました。
メールナビ ⇒ 「自動メール作成」画面で、口座の表示チェックボックス(左中段)を一度OFFにして再度、表示チェックボックスをONにしてから、表示させたい口座を指定しなおしてください。設定後は必ず上部の「登録」ボタンを押して表示確認をしてください。
メールサーバーのポート番号が25以外のとき ≪Back  ≪ユーザー登録に戻る
メールのポート番号を指定する場合は、かんたんメニュー ⇒ 基本情報 でメールアドレス登録を表示します。
SMTPサーバーの記載内容に、たとえば abc.com の場合ですと、サーバーアドレスの次にTabで区切りポート番号を入力し abc.com 587 と記載すると対応できます。

注意!SMTPアドレスを記載するボックスで直接Tabキーで区切りを入力
することができませんので、メモ帳などで記載してください。
記載方法は、 アドレス Tabキー ポート番号 と入力し
それをコピーして貼り付けてください。

Tabキーと記載している部分は、キーボードでTabキーを押すだけです
ので実際には、空白を入れたのと同じ表示なります。
(空白で区切ったのでは無効です。必ずTabキーで区切ってください)
 

解決できましたか?その他の質問は こちら へ


Auction Manager 
System mail:
yam@picty.com
Copyright (C) 2002.1.27 picty All Rights Reserved

picty_page_end