HOME】          

Q & A 起動/動作環境 関連
トラブルの多くは
● データベースの参照ミス
● プログラムの参照エラー
です。まずは上記2点のご確認をしてください。
起動後、プログラムが動作しない   ≪Back

◆起動時毎回エラーが発生する。(2004/11/23)
「Amadd.xla」のプログラムファイルが別な場所にコピーされてしまっている可能性があります。Windowsのスタートボタンより「検索」を実行し、「ファイルやフォルダ」で「Amadd」を指定し検索してみてください。(インストール先以外に保存されている場合があると、そちらを毎回参照してしまっている場合があります。)インストール先以外にありましたら、右クリック → 削除してください。

◆富士通のPCでOffice のエラーが発生する場合がありました。
以下の Microsoft のホームページより Office Service Pack3 をダウンロードし改善されました。
Microsoft Office Service Pack3 のダウンロードサイト
(Office2000の場合)

◆起動時に「1004のエラーメッセージ」が表示され動作できない場合は、以下の操作をしてください。

@エラーメッセージを「終了」ボタンで閉じる
Aエクセルのメニューで ツール → アドイン → 参照ボタン → ファイルの場所でCドライブ(ローカルディスクC)を選択 → ProgramFilesフォルダを開く → netmaneフォルダを開く → 「Nmadd.xla」を選択 → 開く
Bメッセージが表示されたら「はい」を選択
COKボタンでアドインフォームを閉じる
D通常に使用

SYSTEMRENEWALでプログラムの更新画面が表示されない
プログラムの更新画面が表示されない場合は、Cドライブ ⇒ ProgramFiles ⇒ netmaneフォルダ内の「Renew.xla」ファイルを直接ダブルクリックで起動(ネットマネが起動している状態で)すると、更新画面を表示することが出来ます。
手動でプログラムの更新を行う。
エクセルのバージョン2007以降やWindowsVISTAなどでは、SYSTEMRENEWALでプログラムの更新ができない場合があります。この場合は以下の手順で、手動プログラム更新を行ってください。

1.以下のアドレスでダウンロードしてください。 
http://www.picty.com/aucm/2005/cmd/Nmadd.exe 
2.デスクトップに保存すると「Nmadd.exe」の電子レンジファイルができます。
  これをダブルクリックで解凍すると、「Nmadd.xla」ファイルができます。 
3.Cドライブ ⇒ ProgramFiles ⇒ netmaneフォルダ内の「Nmadd.xla」ファイルを
  削除して、2でできた「Nmadd.xla」ファイルと入れ替えてください。

入れ替え後、システムエラー1004(実行時エラー1004)が出る場合は、以下の対応を行ってください。

1.エクセル画面の左上のOFFICEボタン(丸いボタン)をクリック
2.メニュー下部中央の「エクセルのオプション」ボタンをクリック
3.メニュー左の「アドイン」をクリック ⇒ 「設定」をクリック
4.「参照」ボタンを押してCドライブ ⇒ Programfiles ⇒ netmaneフォルダ内の「Nmadd.xla」を選択
5.メッセージが出る場合は「はい」を指定しOKでアドイン設定を閉じる

上記処理後、通常使用してください。

最近パソコンの処理が遅くなり、エラーの発生が多くなった   ≪Back
ハードディスク内には、ファイルが分散して記録されていきます。従ってファイルの断片化が多くなるとその分ファイルの読込時の負担が大きくなります。このような時は、Windowsの標準機能で「デフラグ」という機能があります。
「デフラグ」を行うと断片化されたファイルを連続化することが出来ます。そしてファイルの読込のスピードアップと同時に読み込みミスもなくなりパソコンの動作がスムーズになります。
「デフラグ」の処理時間はハードディスクの容量にもよりますが、完了までに何時間も時間を要しますので、夜間にデフラグをスタートさせておくなど、業務の支障の起こらない時間帯に行うと良いでしょう。

「デフラグ」を行うには、
Windowsのスタートボタン → プログラム → アクセサリ → システムツール → ディスクデフラグ
 を指定し、デフラグを行うディスクドライブを選択し「最適化」ボタンで開始できます。

 

「非表示モジュールThis work book内でコンパイルエラーが発生しました。」というメッセージ   ≪Back
Microsoft Excelをインストールするときに、カスタムインストールなどでVBA を使用できない設定にしていると、セットアップすることはできません。このような場合は、Microsoft Excelを標準インストールすることで解消できる場合が多くです

 

エクセルの起動が遅くなった   ≪Back
TMPフォルダー内のファイルをコマメに削除する事もおすすめします(特に「*.emf」が溜まると、起動するのに大変な時間がかかる事になります。「*.emf」はマクロなどを含むexcelを立ち上げる時に一時的に大量にファイルを作成します。正常に終了した場合には、全て自動で削除されますが、強制終了などがあるとそのまま残ってしまい邪魔をしますのでお気をつけ下さい)
(削除すると良いファイル *.tmp *.emf )
[スタート]-[検索]-[ファイルやフォルダー]で、名前のところに *.xlb と入力して検索して下さい

 

Microsoft Excelを起動する際に、「システムリソースが不足しています」というメッセージ   ≪Back
Excelを何度も起動を繰り返している過程で、「EXCEL.XLB(ネットワークにログオンしているときは、<ユーザー名>.XLB、そうでない場合はExcel5.XLBとなっていることがあります)」というファイルの容量が増えつづけ、Excelを起動するときに、リソース不足が発生しExcelを利用できなくなっているものと考えられます。「EXCEL.XLB」ファイルは、Excelのメニューバーやツールバーの変更情報を記録しているファイルで、エクセル統計97やエクセル統計2000がメニューバーのカスタマイズを行うため、Excelを使用する都度、変更履歴が追加されたためこのファイルが大きくなり過ぎ、Excelの起動時にリソース不足を引き起こしているものと考えられます。
[スタート]-[検索]-[ファイルやフォルダー]で、名前のところに *.xlb と入力して検索して下さい

 

強制終了が良く出る   ≪Back
強制終了が発生する原因には、「CPUの不安定」「メモリの不安定」「メモリ不足」が多くの原因と思われます。CPUの不安定については、購入時のあたり、はずれもありますが、一般的にはアスロン、デュロン、セレロン、ペンティアムと種類があるうちのペンティアムが一番安定しているようです。これは多くの処理が集中した場合にペンティアムCPUが一番安定して対応できるように作成されているためです。アニメ、画像ソフトや処理の多いソフトを使用される方はペンティアムCPUが一番安定して使用できるためです。同じパソコンでも価格に差がありますが、これはCPUに何が使用されているかにも影響しています。ビジネスで使用される場合はペンティアムPCを使用されたほうが良いようです。
 次にメモリについてですが、メモリには検証済みのものと未検証のものがあります。検証済みのメモリは値段が高くなっています。未検証のメモリを使用されている場合は、あたり、はずれもありパソコンの価格を下げることができますが、不安定の可能性もあります。パソコンの原価を下げるためにより安いCPUやメモリが使用されている場合には、それだけ不安定なパソコンになってしまう可能性が高くなります。
 メモリ不足については、パソコンを長期的に使用していると、その間にいろいろなソフトをダウンロードしたりインストールしたりすることがありますが、中には、パソコンを起動しただけで自動で起動するソフトなどもあります。ウィルスソフトやRealPlayer(リアルプレイヤー)など、パソコン画面の右下に日付などといっしょに表示されているものが、常駐ソフトです。不要なソフトを常に起動させておくのもメモリの無駄遣いになりますので、終了させたほうが良いと思われます。右クリックで終了できる場合が多いです。メモリの追加で容量をアップすることも良いのですが、仮想メモリを増やすのも一つの手段です。
コントロールパネル ⇒ システム ⇒ 詳細 ⇒ パフォーマンス ⇒ 仮想メモリの変更ボタン ⇒ 最大サイズ を増やすとメモリ不足を解消でき、強制終了を少なくすることができます。
右クリックをするとエラーで中断する   ≪Back
VBEの設定を変更されたことが ある可能性があります。以下の確認をお願い致します。

エクセルのメニューで ツール ⇒ マクロ ⇒ VisualBasicEditorを選択 
VisualBasicEditorの画面のメニューで ツール ⇒ オプション ⇒ 全般タブ内の「エラートラップ」
で 「エラー処理対象外のエラーで中断」にチェックが入っているか確認して みてください。
入っていないようでしたらチェックを入れてください。

SYSTEMRENEWALができない。   ≪Back
ファイルが不足している可能性があります。

1.Cドライブ ⇒ ProgramFiles ⇒ netmaneフォルダ内をご確認ください。
「Renew.xla」と「Rnew.xla」の2つのファイルがある必要があります。
(「R」のあとに「e」があるものと、ないものの違いです。)

2.もしどちらか1つしかない場合は、現在あるほうのファイルを
右クリック ⇒ コピー をして同じフォルダ内の空いている部分で
右クリック ⇒ 貼付け でコピーを作成する。

3.コピーのファイルを右クリック ⇒ 名前の変更 で、無いほうのファイル名に
変更してください。

できましたら、SYSTEMRENEWALを行ってみてください。

「ユーザー未登録」の使用制限がでる。   ≪Back
「ユーザー未登録」の使用制限が発生する場合は以下のことが考えられます。

1.インストール後、「ユーザー登録」を行っていない。
この場合は、メールナビの「ユーザー登録」タブを表示し、使用者名など各項目を入力し、「送信」ボタンで送信を行ってください。解除キーが折り返し送られてきましたら、同画面の「解除パスワード」ボックスに解除キーを入力して「解除登録」で解除をしてください。(解除後は、メールナビ、かんたんメニューをいったん閉じて再度開きなおしてください。)

2.ユーザー登録の内容を変更した場合。
一度ユーザー登録を行い解除登録後、使用するメールアドレスが変わったなどの原因でユーザー登録の内容を変更した場合は、解除キーは

「実行時エラー76」で起動できない。   ≪Back
●「実行時エラー'76': パスが見つかりません」を表示して起動しない。 
ネットマネージャーのエクセルのシートで「再出品対象」シートを表示して、「ナビ」ボタンより起動してみてください。
また、以下のサイトよりネットマネージャーをダウンロードし、エクセルファイル(NET2005.xls)のみを入れ替えてみてください。

●入れ替え方法
1.現在ご使用のPCのCドライブ ⇒ ProgramFiles ⇒ netmaneフォルダ
内の「AucMgr.mdb」「AucMgrDB.mdb」「AucMgrML.mdb」の3つのファイル
をバックアップ(コピー)をとっておいてください。
念のために「NET2005.xls」のファイルもバックアップして於いていただいた方が
良いと思います。

2.Cドライブ ⇒ ProgramFiles ⇒ netmaneフォルダ内の「NET2005.xls」
 ファイルを削除しておいてください。

3.ネットマネをダウンロードして解凍してください。

http://www.picty.com/aucm/2005/help_inst.htm

4.ダウンロードしたファイルを解凍し、フォルダの中の「NET2005.xls」を
  2.の手順で削除したnetmaneフォルダにコピーしてください。

5.ネットマネージャーを起動してかんたんニューの「DB更新」を行ってください。

6.メールナビゲータフォームの「ユーザー登録」で新たにユーザー登録を
行って送信してください。


1.の作業でAucMgrのデータベースをバックアップしましたが、これは
入れ替え手順のときに万が一間違えて削除してしまったらいけないので
バックアップしましたので、入れ替え後、元に戻すなどの作業はありません。

フリーズを良くする
1.PCのメモリが不足気味になってしまう場合。
コントロールパネル ⇒ システム ⇒ 詳細設定 ⇒ パフォーマンス ⇒
設定 ⇒ 詳細設定 ⇒ 仮想メモリ ⇒ 設定
で仮想メモリの「最大サイズ」をあげてみてください。
ここの数値は、ある数値以上に設定すると、これ以上は設定できません。
とメッセージが出ますので、その数値が目安となります。
 
2.一般的にフリーズはCPUが不安定な場合に発生しますが、パソコンの
CPUには、インテルのCore2やペンティアムやセレロンなどが作業用PCに
向いています。(安定している)、反対にAMD社のアスロンやデュロンなどは
価格的に安いため最近格安PCなどによく使用されていますが、フリーズなど
がインテル社のものより多いようです。
 
3.仕事や業務で使用されるPCの場合は、CPUやメモリの容量なども
影響してきますので、以上のような問題がもしかしたらあるかもしれません。

解決できましたか?その他の質問は こちら へ


Net Manager
System
mail: yam@picty.com
Copyright (C) 2005.3.27 picty All Rights Reserved