まずはためしてみよう!  Q&A に戻る  詳細情報へ

新規出品
新規出品を実行するには出品するカテゴリの情報が必要になります。カテゴリの取得で出品に必要なカテゴリをセットしておく必要があります。

カテゴリの情報は、データベースにすでに登録されていますので、データベースから呼出すこともできますが、思い通りのカテゴリ情報を呼出せない場合は、ヤフーページより直接取得することもできますのでまずは、カテゴリの取得より使用するカテゴリを取得してください。カテゴリの取得ができたかどうかは、出品ナビのカテゴリリストをクリックして取得したカテゴリが表示されていればOKです。

商品情報管理について
次に新規出品する商品の情報管理についてですが、商品の情報には、事前に商品IDで商品登録をして仕入数、原価などを登録して在庫管理ができる状態で商品登録を行い。出品時の商品説明には、この登録した商品情報を使用して出品する方法その都度出品情報に商品情報を入力して出品する方法があります。ここでは、まず慣れていただくために「その都度出品情報に商品情報を入力して出品する方法」でご説明いたします。

商品説明について
出品する商品説明の作成には、テキスト形式で文字だけを入力して作成する方法HTML形式で見栄えを良くして作成していく方法があります。ここでは、見栄えのよいHTML形式で商品説明を作成して出品していく方法でご説明いたします。

新規出品
カテゴリの取得ができ、商品情報の管理と商品説明の作成について、それぞれ2通りの方法があることをご理解いただきましたら、実際に出品するための出品情報の作成手順にはいります。かんたんメニュー「DB」タブの「出品登録」ボタンで、新規出品のための商品登録画面(出品ナビ)が表示されます。

1.モードの確認
出品ナビが表示されましたら、出品ナビの左上に「C:新規出品」、右となりに「出品情報登録」と表示されていることを確認してください。表示されていない場合は、各リストをクリックして「C:新規出品」と「出品情報管理」を選択してください。

2.カテゴリの指定
出品したいカテゴリを「カテゴリ」リストより選択指定してください。

3.タイトルの入力
出品ナビ左端の「商品ID」ボタン右横の「商品ID」リストがありますが、ここでは、その都度出品情報に商品情報を入力して出品する方法を説明していますので、商品IDリストは空欄のまま、さらに右の横長のテキストボックスに商品のタイトルを入力します。タイトルには計算に使用される半角記号(+-/*など)は自動で全角表示にされます。プログラムの誤動作を防ぐために全角になるようにしています。

4.商品説明の入力(HTML形式で作成する場合)
HTML文を作成する場合は、出品ナビの「HTML」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

HTML作成フォームが表示されましたら、以下の手順でHTML文書を作成できます。

@新規入力モード
下図@の「新規」ボタンをクリック
A商品詳細を入力(下図A)
品名、説明、サイズ、発送方法、お支払方法など入力していきます。左側の項目名に対して、右側にその内容を入力していくようになります。項目名は変更することもできます。各テキストボックスの右横にある「文」ボタンは、文字の色を変更できます。「背」ボタンは背景の色を変更できます。チェックボックスは太字にするかを指定できます。これらのボタンは1つのテキストボックス単位に設定されますが、文書の一部分だけの文字色や太字を設定したい場合は、変更したい文字列をマウスで選択し右クリック ⇒ 文字の編集で部分的な編集もできます。文字色や背景の色などの変更は、以下CのHTMLパターンを設定後に行ってください。
Bリンクページやマイオークションバナー(下図B)
関連情報のホームページのリンクを設定したい場合は、リンク文字、リンク先URLを入力します。また、ヤフーで準備されているマイオークションバナーを表示させたい場合は、「マイオークション表示」チェックボックスをONにしアイコンのサイズを指定します。
CHTMLパターンを指定(下図C)
商品の説明の入力や設定が終わりましたら、どのようなHTML表示をさせるかを指定します。下図ではHTMLパターン@の「規定2」を選択した場合です。
DHTMLのイメージ確認(下図D)
出品時に実際にどのように表示されるかのイメージは「HTML変換」ボタンで表示確認できます。
EHTML文の登録(下図E)
作成できたHTML文を次回の出品や別商品時に一部のみ変更して再利用したい場合は、「登録」ボタンで保存しておくことができます。必要に応じて「登録」してください。
F出品情報に反映させる(下図F)
作成した商品説明のHTML文を、出品情報として反映させるには「反映 ⇒ 」ボタンを押します。作成中の出品ナビのフォームに戻りますので続けて出品情報を作成していきます。

5.画像の設定
出品時に表示させる画像を設定する場合、事前に注意しておくことがあります。
画像ファイルの形式は「gif形式」「jpg(jpeg)形式」の画像であること
画像ファイル名は、半角英数字であること(日本語のファイル名は不可)
フォルダ名も、半角英数字のフォルダに画像を保存してあること
をご注意ください。
出品ナビの「画像1照」ボタンをクリックして、使用する画像を指定してください。複数の画像の場合は「画像2照」「画像3照」ボタンで指定します。間違えて指定した場合は、画像テキストボックスの右端にある細長いボタンをクリックでクリアできます。特大画像を使用する場合は「特大画使用」チェックボックスをONにしてください。

6.その他出品条件を指定
送料負担、発送条件、支払方法、数量、価格、入札制限、希望価格、終了時間、自動再出品回数などの出品条件を指定します。
注意!数量の上部には「原価登録」「商品分類」の指定ボックスがあります。「原価登録」につきましては、基本情報 ⇒ 「Web設定」 ⇒ オプションで「出品ナビの原価管理を使用する」がONの場合に、原価を入力し「原価登録」ボタンで登録できます。また、入力した商品情報は、後日呼出して再利用したり、一部を変更して別商品として使用することができます。このときに「商品分類」を登録しておくことにより、分類で呼出すことができますので、必ず何らかの分類名を入力しておいてください。次回出品ナビを起動したときは、過去に登録した商品分類は、リストに表示されますので、リストより指定することもできます

7.最終確認
すべての入力が終わりましたら、出品ナビ右下部にある「登録」ボタンを押してください。最低限入力が必要な部分で入力漏れが合った場合は、メッセージでお知らせがあります。「登録」ボタンの次に「出品対象」ボタンを押すことにより、最終的に自動出品の対象となります。出品情報を作成して保存しておくだけの場合は「出品対象」ボタンはこの時点では押しません。

8.連続して次の商品を登録する場合
続けて次の商品を登録する場合で、今回登録した商品と同一の場合や類似商品の場合は、「複製」ボタンを押すと、新しい商品としてコピーが作成されます。部分的に変更するだけで簡単に次の商品を登録することができます。
オークションストアに出品されている場合は、「複製」ボタンにあるチェックボックスをONにしてから「複製」ボタンを押すと同名のタイトルで新しい商品が作成できます。

9.複数の出品情報を登録し、指定したものだけを出品する場合
複数の出品情報を登録後や登録済みの出品情報を呼出した場合に、自動出品するかしないかを商品別に指定したい場合は、出品ナビ上部の「出品一覧指定」ボタンで、リストをクリックして指定ができます。

10.自動出品する(全自動か確認出品かを指定できる)
出品情報を登録して、出品対象を指定できましたら、いよいよ出品です。出品ナビの上部中央の「新規出品」ボタンで自動出品が開始されます。

確認出品!自動出品の最終で、実際の出品内容を確認してから完了したい場合は、出品ナビの右上部の「確認出品」ボタンをONにします。この場合は、ヤフーページでの最終確認ページで「確認出品しますか?」のメッセージで「はい」を押すと停止しますので、内容を確認してください。確認後はヤフーページの「利用規約とガイドラインに同意して出品する」ボタンで出品を完了させてください。続けて次の商品を出品する場合は「続けて出品」ボタン(黄色)を押します。

画像のアップロードができない場合

出品ナビでの詳細説明

 

とりあえず使用してみる場合 へ


Net Manager
System
mail: yam@picty.com
Copyright (C) 2005.6.16 picty All Rights Reserved