再出品

機能全般

HOME

 

最新情報

落札取得  カテゴリ取得  新規出品  再出品  ログイン  お気に入り

再出品の操作方法 (IEブラウザの詳細設定で画像を表示するをOFFにすると更に高速での処理が出来ます。)

再出品を行う前にまず、規定値の登録を行ってください。

■ 規定値の設定

※ 規定値の設定は処理選択で「D:規定値登録」を選択してください。

規定値の設定には、大きく2ステップの登録(登録と指定)が必要となります。

ステップ1
@ [処理選択]で 「D:規定値登録」 を選択します。下図@
A 下図 A の部分で登録する規定値番号を選択します。(サンプル図では「規定値1」)
B 規定値として各項目を指定します.(YahooペイメントをONにする、自動再出品を2回 など)
ステップ2
C 下図Bのボタンを押すと、下図Cのフォームが表示されます。このフォームで、規定値として使用する項目にチェックを入れます。規定値として登録したものを使用するかどうかの指定ができるのです。このとき、項目に「無」が表示されている部分は、規定値の登録がされていない部分ですので、指定出来ない事を確認できます。規定値が反映されている項目は黄色の背景となります。

D これで、規定値2の登録と指定が完了します。(ステップ1は最初1回の登録だけです

次の規定値を登録する場合は、ステップ1からの繰返しで出来ます。

E 再出品で規定値を利用して出品する場合は、下図Aの規定値番号を指定して出品できます。ステップ2だけですみます。

規定値は10通り設定することが出来ます。この規定値とは、入金方法や出品期間や終了時間や自動再出品回数など、どの商品に対しても共通で設定できる項目を指定しておくと、その規定値で未落札分を自動で再出品出来ます。規定値はタイトル以外全項目登録できますが、説明や開始価格などは、商品別に違う項目ですので、全商品に共通する項目のみを設定して下さい。

● 規定値を新規商品登録時に利用

規定値は新規登録時にも利用できるようにしました。商品登録時にタイトル欄右横の青い「規定反映」ボタンを押すと、入力中のフォームに規定値を呼び出せます。

■ 1.高速再出品 の場合最新のヘルプ情報を表示したい時は、ページ内で右クリックし「最新情報に更新」を選択

上部メニューの[再出品の方法を選択]で[1:高速再出品(全未落札分)]を選択し[再出品実行]してください。

この場合は、終了分のページより未落札終了分の全てを自動で再出品出来ます。ただし、再出品の条件は一切指定しませんので、前回指定の「有料オプション」や「終了時間」「自動再出品」の回数はすべてクリアされ、「終了時間」は現在の時間が繁栄され、自動再出品の回数は0となります。

■ 2.規定値で再出品(全未落札分) の場合

上部メニューの[再出品の方法を選択]で[1:規定値で再出品(全未落札分)]を選択し[再出品実行]してください。  

 ★規定値で出品する前に規定値の登録を行ってください。(前項説明文)

      
規定値の選択は上図の部分で行います。また、規定値を反映した項目は、背景が黄色になります。
但し、規定値の値の設定は、処理選択「3.再出品」 → 「7.規定値の登録」で行ってください。

■ 3.規定値で再出品(指定分のみ) の場合

上部メニューの[再出品の方法を選択]で[3.規定値で再出品(指定分のみ)]を選択し[終了情報取得]してください。

この場合は、最初に終了情報を取得し、そのリストより出品したいものだけを選択し、規定値を反映させて再出品する事が出来ます。

規定値の反映方法は、上部 2.の説明を参照ください。

■ 4.内容を変更して再出品 の場合

上部メニューの[再出品の方法を選択]で[4.内容を変更して再出品]を選択し[前回情報取得]してください。

前回の出品情報を全て取得できますので、前回どのような内容で出品していたかを全項目確認できます。その内容を見ながら、データの修正が出来ます。この場合、規定値を使用できませんが前回の情報が全て取り込まれますので、より複雑な修正ができます。

但し、有料オプション 、終了時間、自動再出品回数については終了時点でクリアされているので前回情報とは違います。

■ 5.変更した内容で再出品 の場合

上部メニューの[再出品の方法を選択]で[5.変更した内容で再出品]を選択し[再出品実行]してください。
【重要】「出品対象一覧指定」ボタンで出品する商品を確認後、「再出品実行」してください。

上記3や4の処理で終了情報を取得後、再出品を実行しなかった場合やヤフーサーバーやネットワークのエラー等で処理が中断されてしまった場合、その情報を使用して出品作業から開始出来ます。ここでも規定値は反映できません。したがって規定値を反映して実行したい場合は、「6.規定値と変更内容で再出品」を使用してください。

再度、他の出品方法を最初からはじめると終了情報の取得から始まるため、出品条件を指定していた場合クリアされてしまいますが、ここでは出品作業から開始出来ます。

■ 6.規定値と変更内容で再出品 の場合

上部メニューの[再出品の方法を選択]で[6.変更した内容で再出品]を選択し[再出品実行]してください。
【重要】「出品対象一覧指定」ボタンで出品する商品を確認後、「再出品実行」してください。

5.変更した内容で再出品 と同様で出品作業から開始出来ます。違いは規定値を反映して出品処理できる所です。

 

■ 7.アクセスウ取得 の場合

この機能は、サービス機能ですが、ここでアクセス数を取得する前に、規定値の登録画面で、アクセス数を登録しておくと、アクセス数取得時、その指定した数値以上のものだけが、自動的に再出品対象となります。この場合は、規定値で再出品の機能を使用して再出品します。(6.規定値と変更内容で再出品 で再出品出来ます。)

 

 


Auction Manager 
System mail:
yam@picty.com
Copyright (C) 2002.1.27 picty All Rights Reserved