●商いマネージャー:操作マニュアル(基本情報、マスター情報登録)

基本設定  見積・請求書作成  売上入力  入金処理(領収書・封筒)  集計、出納帳

基本情報登録 [メインメニュー] ⇒ [基本設定(W)] 
 
1.[オプション]:データベースの参照確認をします。基本情報や書類作成や売上、入金などの情報はすべてデータベースに保存されます。そのデータベースの保存場所を確認します。(通常は変更の必要はなし

◆データベース:データベースのファイル名は「Akinai.mdb」です。LANなどのネットワークの環境の場合は、データベースファイルをサーバーに保存することができます。
◆参照:標準では「C:\Program Files\akinai\Akinai.mdb」となっていますが、データベースの場所を変更する場合は、ファイルの移動後、ここで移動先を参照します。

2.[基本情報1]:「期首年月日」、「開始年月日」「終了年月日」、消費税の設定を行います。

◆年月日:ここでの年月日は直接集計などに影響はしませんが、年度毎に新しくインストールしてご使用される場合には、使用済み年度のバックアップデータの情報として有効になります。
◆消費税:消費税率、税区分、小数点の表示を設定します。ここで外税に設定している場合でも、書類作成時には部分的に消費税を反映させたり、消費税を反映させないなどの設定ができ、ここでの税区分は通常に処理する場合の規定値となります。
◆小数点:書類の明細金額を小数点何桁まで表示するかを指定します。
◆繰越金額:請求書には、今回の請求額に、前回までの繰越金額を表示し合計させることができますが、その場合はここをONにします。

入力後は「登録」ボタンで登録

 

3.[口座]:請求書に表示する送金先を登録します。また、ここで登録する口座では、スタート残高を登録しておくことで、入金処理の場合、銀行入金を行った場合、各口座の明細や残高を確認することができます。

◆口座:書類に表示できる口座、登録できる口座は3口座までです。

@ 登録する「登録NO」1〜3のいずれかを指定
A 銀行口座か郵便口座かを指定する
B 銀行名、支店名、口座番号、口座名義(カタカナ)を入力
C 入金処理時、銀行入金も使用する場合は、スタート残高を入力
D 「登録」ボタンで登録
次の口座を登録する場合は、「登録NO」を切り替えて繰り返します。

 

4.[単位]:書類作成時に使用する単位を登録します。ここではすでにいくつかの単位が登録されていますので、してください。またすでに登録されているもので、実際に使用したいものだけを選択して「使用」にチェックを入れ「登録」すると、書類作成時には「使用」にチェックしたものだけがリスト表示できます。

◆追加登録:リストにない単位を使用する場合は、追加登録できます
@ リストで使用されていない番号を選択
A 上部の単位入力ボックスに単位を入力
B 「使用」チェックをONにする
C 「登録」ボタン

◆使用可能:リスト内で使用したいものだけを「使用」にする
@ リストで使用したいものを選択
A 使用のチェックをONにする
B 「登録」ボタン

マスター情報の登録(自社情報、得意先情報、商品情報)
 
1.[自社情報]: [メインメニュー] ⇒ [自社登録(J)]
各書類に表示する自社情報を登録します。

◆自社IDに「1」が表示されている場合は、そのままの画面で、自社名などを入力していきます。
@ 自社IDが空欄の場合は上部の「新規(N)」ボタン
A 自社情報を入力
B 上部の「登録」ボタンで登録

2.[商品登録]: [メインメニュー] ⇒ [商品登録(E)]
商品登録で登録した商品情報は、見積や請求書作成時にリストより選択するだけで、品名、単価、単位などを自動記載することができます。
この場合、商品呼出のためのキーワードとして「大分類」と「小分類」の分類で商品を呼び出すことができるようになります。最初に使用する商品分類を登録してください。

◆商品分類を登録する
@ 「商品分類」タブを表示する
A 入力ボックスに分類名を入力し「使用」をON
B 大分類内の「登録(T)」ボタンで登録
C 次の分類を登録する場合は、入力ボックス内を書き直してから「登録」ボタン

「小分類」も同様にして登録できます。商品を呼び出すときの情報ですので、商品(または作業)の種類やメーカーやサイズなど、呼出のキーワードとなるように分類を登録してください。後から追加登録もできますので、現在わかっているものだけを登録します。

◆商品(または作業)を登録する
@ 「商品登録」タブを表示する
A 上部の「新規(N)」ボタンをクリックし新規入力モードにする
B 前項で登録した「大分類」や「小分類」を入力する。(未登録の分類を使用した場合は「登」ボタンでも分類の登録ができます。
C 商品番号は、規定の商品番号や独自に登録したい商品番号があれば登録しますが、必須ではありません。
C 摘要(品名)には、商品名に限る必要はありません。サービス業などの場合は、作業の名称(○○工事、○○修理、○○メンテ、など)でも可能です。
E 数量、単位、単価を登録しておくと、書類作成時に自動表示させることができますが、価格が固定でない場合は、これらは入力しなくても品名だけの登録もできます。
F 最後に必ず上部の「登録(T)」で登録します。

登録した商品は、下部の「全商品(Z)」ボタンで確認することができます。

3.[得意先登録]: [メインメニュー] ⇒ [得意先登録(T)]
得意先登録で登録した得意先情報は、見積や請求書などの作成時にカナやIDで呼び出して使用することができます。呼出に必要なカナは必ず入力してください。

◆得意先登録をする
@ 「得意先登録」タブを表示する
A 上部の「新規(N)」ボタンをクリックし新規入力モードにする
B 会社名、カナ、敬称、住所などを入力する
(カナは呼び出すときのキーワードとなるので、呼出に必要な情報のみにしたほうが、検索が楽になります。たとえばカブシキガイシャなどは得意先を限定する情報にはなりませんので、入力しない方が検索が的確にできます。)
C 最後に必ず上部の「登録(T)」で登録します。

登録した得意先は下部の「全得意先(Z)」で確認できます。

以上で、基本情報・マスター情報の登録が完了します。

基本設定  見積・請求書作成  売上入力  入金処理(領収書・封筒)  集計、出納帳


商いManager
System
お問合せ
Copyright (C) 2005.7.10 picty All Rights Reserved